幼児教室の種類と選び方

小学校受験や幼稚園受験を考える家庭では通うことが多い幼児教室。

大きく分けて2つのタイプの幼児教室があります。まず1つ目は、ホームページなどで情報を収集できる公開された大手の教室。申し込みをすれば誰でも入会することができるので、初めて受験をする家庭など大部分の子供が通うことになる教室です。同じ幼児教室でも、それぞれ得意分野があり、志望校によって選びたい教室が変わってくるので、事前にどこの学校に入学者が多いかを調べておくことが重要です。

気になる月謝もきちんと情報公開されているので、知らないうちにどんどん出費が重なってしまったということも避けられます。体操教室や絵画教室なども併設している場合があるので、1つの教室に通うだけで必要なスキルが身につけられます。ただし人数が多いのできめ細やかな指導を望む場合には、平日に通うなどの対策が必要です。もう1つは個人の先生が開校している幼児教室というものがあります。

これはホームページなどの情報公開がされていることはほとんどなく、紹介などの特別なルートで入会するしかありません。月謝なども非公開なので、紹介者からそれとなく聞いておくなどで対応することが必要です。個人の先生なので、少人数制、個々に合わせた指導が期待できます。合格率が高いのもポイントです。コネクションがない場合は入会が難しい個人塾ですが、お稽古事などの先輩に頼るなどしてお願いしてみるのも受験成功へのステップになるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *