大切な幼児教育について

小学校に上がる前までの時期を幼児期と言い、この期間の教育はとても大切なものです。

幼児期は、人の一生にわたる人間形成の基礎が作られるとても重要な時期であり、経験を通して様々なことを吸収して情緒や社会性、知的能力、運動能力を身に着けることが必要です。これによって、豊かな一生を送ることが出来ることに結びつくのです。身体的な成長のみならず、精神的な成長を促すことで、社会のルールを覚え、脳を上手に使って学習能力を上げることや、体を使って経験することで運動能力の向上、危険の察知する力、協調性、共感性などを身につけます。

幼児教育は、親や周りの大人たちが環境を与えることが必要です。たくさん話しかける、我慢をさせる、成功体験をさせることで、心が豊かに育ちます。現代には多くの幼児教育を行っている場があり、家庭だけでなくそういった場に行く機会を作ることで、生活のリズムが整い、子どもの中の世界を知り、そこで様々な経験を積んで心身ともに成長していくことができます。

幼児教育は家庭ではしつけや愛情、信頼感を得ることを通して心身の基礎を形成し、外に出ることでたくさんの人たちとの遊びや会話、自然や動物や虫などと触れ合うことで豊かな体験を経験します。自分の頭で考えられる力、自分の気持ちを伝えられる力、人に合わすことができる力、できない事をできるようになろうとする力などを養うことがこの幼児期にとても大切なことなのです。
自由が丘の幼児教室のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *