赤ちゃんが泣くときはどうすれば良いのか

赤ちゃんは泣くのが仕事とはいえ、大きな声でずっと泣いていると不安になります。

泣くことの原因はいろいろありますが、まず主な原因としては、おなかがすいていると考えられます。それで、まずは満足するまでミルクを与えましょう。そして、ミルクを与えたなら必ずげっぷをしっかりと出してあげましょう。もし、すでに離乳食の時期を迎えている月齢の赤ちゃんであれば、離乳食の量を少し増やしてみるとよいでしょう。もしくは、ベビー用のおせんべいや果物などを間食として与えるのもよいでしょう。

泣くことの他の原因として、おむつが濡れているということが考えられます。おむつが濡れている状態をそのまま放置しておくなら、おむつかぶれになってしまいます。おむつかぶれはかゆみや痛みを引き起こしますので、おむつは頻繁に替えましょう。漏れていないからといて長時間そのままには絶対にしないようにしましょう。

赤ちゃんが泣く他の原因としては、病気や体調不良といったことが考えられます。それで、おなかもいっぱいでおむつもきれいな状態であるにもかかわらず、泣き続けるようであれば気をつけましょう。特に、いつもと違った泣き方をしていたり、抱っこしても泣き止まない場合、叫ぶように泣いている、といった時には一度病院を受診してみるとよいでしょう。話すことができない赤ちゃんは泣くことで自分の気持ちや親に伝えます。それで、親は赤ちゃんの気持ちや様子を敏感に感じ取るようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *