赤ちゃんの夜泣きの原因とは?

昼間は楽しくてやりがいのある育児でも、夜中響き渡るような赤ちゃんの夜泣きはびっくりするものです。

さっきまですやすやと幸せそうに眠っているのに、突然大声で泣き出すと心配になります。お腹がすいているのかと思いミルクや母乳を与えてみるものの、数分もすればまた大声で泣き出す。抱っこしてあやすものの、またしばらくすると大声で泣き出す。を毎日何度も繰り返すと、いくらかわいいわが子とはいえお母さんは、心身共に疲れてしまいます。では、そもそも赤ちゃんの夜泣きの原因としてどんなことが考えられるでしょうか。

一つは、昼間に刺激を浴びてそれが夢として思い出されて、怖くなって泣くと言われています。しかし、これはあくまでも推測です。つまり、赤ちゃんの夜泣きの原因ははっきりと解明されていません。今までおとなしくて全く夜泣きしなかった子でも、ある日急に突然夜泣きが始まった。ということもありますし、逆に夜中何度も起きていたにもかかわらず、ある日突然全く夜、泣かなくなったという子もいます。

これもどんなことが原因なのかははっきりしていません。しかし、はっきりしているのは夜に何度も起きて大声で泣いていた赤ちゃんであっても、成長すればいずれ夜中起きて泣かなくなる。ということです。それで、お母さんは赤ちゃんが夜中大声で泣くのは、成長の一環だと長い目で見るようにしましょう。また、夜眠れない分昼間に横になって休むようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *