赤ちゃんの夜泣きっていつまで続くの?

赤ちゃんを産んでからまわりから口々に言われるのが夜泣きするの?という言葉。

そもそも夜泣きと言うか新生児にいたっては夜は泣くものです。基本的に一般的にはあまり深い解釈はされていませんが、実際は新生児からある程度夜間にぐっすり眠るようになってから夜に急に泣いたりしてしまう事をさします。それで、だいたい朝までぐっすり眠るようになる早い子で三か月ぐらいからの子もいれば平均的には六か月から一歳ぐらいまでの赤ちゃんのことを言います。まれにほとんど夜泣きしない子が二歳近くなって夜泣きするようになったりする子もいますし、さまざまです。

これも昼に泣くのとは違って、お母さんの睡眠の妨げにもなるし、夜間ということもあって近所迷惑にもなりかねません。なんとか最小限におさえたいと思うのも当然です。新生児の赤ちゃんであればお腹が空いた、おむつ交換、寝苦しいような暑さ、寒い、抱っこして欲しいなどで、最初の二、三か月はある程度眠れないのは仕方ないと思ったほうがいいです。まずだいたいはここを乗り切れば落ち着きます。

すると今まで急に眠るようになっていたのが夜泣き出すようになります。これも毎日そうなる子もいれば突発的に泣いたりする子もいます。大きくなっていて夜間の授乳が必要ない子は抱っこしてトントンしながら不安をとりのぞいてあげるのがいいです。どこかに出かけていろんな人にあって興奮してたり感情が高まって癇癪をおこすような子もいます。それで夜に泣いたりする子もいます。夜に起き上がって抱っこしての行動も大変ですが、これも一時的なものと思って向き合うのもお母さんにとっても赤ちゃんにとっても大切です。いずれは終わることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *