赤ちゃんの夜泣きを軽減させるには

赤ちゃんの夜泣きに困ってしまうママも少なくありません。

赤ちゃんが眠いと思っていてもすぐに眠れずに、寝付くまでにぐずぐずしてしまったり、眠りが浅く夜中に目が覚めて夜泣きをしてしまうと言うのは自然なことなのですが、その回数や頻度が多くなってしまうとママもしっかりと睡眠がとれなくなってしまったりして参ってしまいます。原因が眠る環境や生活リズムにある場合も多いので、赤ちゃんの夜泣きを軽減するには生活リズムを見直すのも良い方法です。

私たちの体には眠りのリズムや体温の変化などを調整津する体内時計があります。生まれたばかりの赤ちゃんにはそれはまだ働いてはいないのですが、生後3か月もすると徐々に体内時計が整ってきます。そのため授乳の時間や睡眠の時間など生活リズムを整えてあげるようにし、朝は明るく夜は暗いと言う眠りの環境も整えてあげることで体内時計が整いやすくなって本来の自然なリズムを身につけることができるようになってきます。

そうなると夜のねんねがスムーズにできるようになるため夜泣きを軽減していくことができるようになります。生活リズムを整えるためには明るくなったら起きて、暗くなったら寝ると言うような太陽の光に合わせた生活にします。まずは朝は7時頃に起こして夜は8時を目安に寝かせるようにしてみましょう。また5時以降のお昼寝は控えるようにして日中、特に午前中に体を動かして遊ばせるようにするのも効果的な方法です。
自由が丘の幼児教室のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *