今、人気のある幼児教育

幼児教育というと、幼稚園児の習い事を思い浮かべがちですが、今の幼児教育はもっと早い段階から始まっています。

熱心な家庭のお子さんなら、1歳頃から既にお教室に通っていたりします。幼児教育の種類としては、主に机に向かってお勉強をする知育系や、カラダを動かす体操系、音楽を使ったお稽古といったものがあります。ただし、これらを混ぜて良いとこどりをしたハイブリッド系のお稽古が今は人気となっています。どういうものかと言うと、例えば、お勉強をするにしても、カラダの動きを掛け合わせることで、より記憶に残りやすく、脳に作用しやすいということで、カラダを動かしながらお勉強をするという方法です。

やみくもに座学で知識を詰め込むお勉強方法は、今はあまり好まれません。ですから、子どもが楽しみながら習えるお教室が人気なのです。他にも、英語教育に力を入れた教室や保育園がメジャーになっています。教室の先生はネイティヴだけで運営されていて、子どもが先生から英語を教えられるのではなく、自然に英語が身につくようになっているのです。

しかし、英語を身につけるだけが目的ではないのが、今の教室の特徴となっています。英語はあくまで付加価値で、本来は体操の教室であったり、サッカーであったり、または知育や音楽のレッスンが主な目的であるわけです。ですから、英語だけを学ぶ教室の他にも、目的の違う新たなジャンルの教室がたくさん存在しているので、子どもの適正と親の希望に見合う教室を探すことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *