幼児教育の大切さについて

人生の中での幼児期というのは、その後の人間形成に大きく関わる最も大切な時期です。

両親や家族とのスキンシップの中で安心感信頼感を培い、外での人間生活で人の優しさ、思い通りにいかない歯がゆさなどを経験し、その中でルールというものを体で覚えていきます。幼児教育は子どもの将来にとってとても重要で大切なのです。また、脳の発達も目覚ましい時期です。様々な経験から情緒的、知的の基礎を学んでいきます。この時期の進化のスピードが速く、吸収力の一番ある時期です。

経験は多ければ多いほどその子どもの人格に好影響が出ます。そのため、両親や周りの大人たちはこの時期を逃すことなく、重要な時期ということを認識して子どもの発育にしっかりと関心を寄せ、注意を払うことが大切です。幼児教育はすぐ先の結果を求めるのではなく、土台となる基礎、伸びていく力に重点をおきます。学習においては、継続する力や、知りたいという好奇心、わかったときの楽しさなどを経験させることが良いのです。

運動能力は様々な経験から楽しさを感じさせることで更なる意欲がわいてきます。その子のスピードや能力の出し方には個人差があります。それを理解し、その子の持つ特性、潜在能力を発見し、そこを広げていくのは親や周りの大人の力です。才能や能力を伸ばす環境つくりや、どんな時にでも見守っている安心感を与えること、成功体験などを整えて、将来への人間形成に大きく関わっていく幼児教育は、大変ながらも幸せな時期であります。子どもの可能性は無限なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *