年齢別の幼児教育まとめ

幼児教育とは就学前教育とも言われています。

つまり、小学校教育前の教育のことを指します。5歳までの教育が大切とノーベル経済学賞を受賞したジェームス・ヘックマン教授が語っています。以下、年齢ごとに推奨されている幼児教育のポイントをまとめてみます。1.1歳までの学習法昼夜の区別をつけることが大切といわれています。昼は外に出て散歩して、日光に当たったり、自然の音を聴くことも脳の活性化を促します。2.1歳から2歳の学習法 この頃はハイハイ歩きから徐々に2足歩行に移行します。

ハイハイ歩きは脳の機能を高めることが科学的に立証されています。3.2歳から3歳の学習法 2歳ごろから自我が芽生え始めます。親の言いなりではなく、嫌なことは嫌と主張し始めます。この時期は、鉄棒にぶら下がったり、階段の上り下りをすることも脳の発達に役立ちます。工作などの遊びも脳のシナプスが増加します。この時期は絵本の読み聞かせも大切と言われています。

4.3歳から4歳の学習法 この時期は基本的な生活習慣が身につき、生活リズムが整ってきます。外に出て積極的に、遊ぶことも大切です。5.4~5歳 文字を書いたり、簡単な算数の問題が解けるようになってきます。この時期は絵本の読み聞かせや、体を動かすこと、音楽を聞かせることが大切と言われています。音楽は童謡だけでなく、クラシックなど幅広い音楽を聞かせることで聴音力がアップします。以上、幼児教育で良いと言われている学習方法を年齢別にまとめてみました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *