幼児教育の必要性について

幼児の時期は、最も吸収力が高く、全身でいろいろなものを感じて人間形成をしていく大切な時期と言えます。

五感を通して体や心、能力を存分に成長させる意味でも幼児教育は必要なことです。言葉はもちろん、見て感じて、考えていく、発展させていく力をつけさせる経験は多ければ多いほど良いのです。家庭での生活でも、家族の触れ合いを通して愛情を感じられることで、安心感と信頼感が得られます。それがあるからこそ外の世界で伸び伸びと活動できることにつながります。体全体を動かすことで、運動能力を高め、危険を察知できる能力も生まれます。体を作る筋肉や骨が大きな動きの中で発育していきます。

大きな声を出すこと、笑うこと、泣くことで感情豊かに育ちます。そして、チームの中での行動でルールを覚えます。また、手先を使うことで脳が刺激され活性化されます。物を一つ見るだけで、そこからの創造力、疑問などが湧き出てそれを知ろうという意欲が出てきます。このように、様々経験の中でその子の生まれ持った能力を最大限に生かせるようになるのが幼児教育の大切さなのです。子どもの能力は無限です。

それを上手に引き出し、伸ばしてあげるのは親や家族の役目でもあるのです。才能を伸ばしながら精神的、内面的な成長を促すことが将来的な人間形成においてとても大切なことです。出来なかったことが出来るようになった時の喜び、知りたかったことが知れた喜び、大好きな両親に褒められた時の喜び、そしてうまくいかなかった時の悔しさ、悲しさなど幼児教育においては、その色々な感情から更なる成長へのステップになるということが言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *