幼児教育にて必要だと思われること

ここで紹介する幼児教育について必要だと自分が考えるものは「環境」「しつけ」「好奇心」です。

始めに、この三つはどれか一つでも欠けていると途端に別の物が成り立たなくなってしまいます。きちんとした「環境」があるからこそ「好奇心」をもち「しつけ」ができる、という風にこの三つは深くつながっています。 一つ目の「環境」は理想としては危険となる物が一切無く、幼児にとって脳の発達を手助けするものを揃えるというものですが、金銭的な問題などがあるのでそれはほぼ不可能でしょう。しかし、できる限り危険なものを幼児から遠ざけその上で積み木やパズルなどを用意しましょう。 

二つ目の「しつけ」についてはあまりきつくしすぎるのはNGです。何故なら、幼児はまだ脳が未発達なため幼児に合った教育、即ち幼児教育をしているのです。そして、脳が未発達なため記憶するのは自身の好奇心を満たすものや恐怖心を煽る物等が強く記憶づけられます。なので、この段階できつくしつけすぎると将来的にトラウマを生んだり反発を強くしてしまったりします。5歳から9歳までの間にしつけは本腰を入れてするようにしましょう。 三つ目の「好奇心」は先に述べた通り好奇心を満たすものは幼児の記憶に強く残ります。

それが、将来の趣味や人格を形成していくものとなるのです。 最後にここまで話してきたことについてはあくまで自分の自論で必要最低限の物だという事です。人によってそれぞれの主張は変わってきます。幼児教育にはもっと必要なものがある!という事を専門家などが言っているのならそちらの方が正しいのかもしれない。だけど、何が必要で何が必要でないか見分けられない幼児にとっては親が導くしかないのです。最後に一言、あまり気負わず頑張りましょう。
0歳の幼児教室のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *