赤ちゃんの夜泣きの原因

赤ちゃんの夜泣きに悩まされてしまうことがあります。

赤ちゃんが泣くのは仕方がないこととわかっていても、夜泣きが続いてしまうとお母さんやお父さんは夜中に何度も起こされてしまい睡眠不足になってしまいつらいものです。赤ちゃんの夜泣きはずっと続くわけではありませんが、個人差があるのでいつから始まっていつ頃には終わると言うのははっきりしません。しかし成長するにつれて徐々に睡眠サイクルが落ち着いてくると夜泣きの回数は減っていきます。

そのため睡眠サイクルを整えやすくしてあげるようにすることが大切になります。赤ちゃんが泣くのは何らかのサインであることはお母さんも良く分かっています。おなかがすいていたり、オムツが汚れてしまった、室内の温度があっていない、お布団が暑い、重いなど言葉で伝えきれないため泣いてサインを出します。授乳やオムツ替え、お布団や気温の調整などを行っても泣いてしまうと言う場合には毎日の睡眠サイクルの乱れや、スキンシップ不足などが原因である場合も多いです。

夜泣きの改善のためにはできるだけ毎日同じ時間にお布団に入り、朝は同じ時間に起きるリズムをつけるようにしていきましょう。寂しさや不安を感じて泣くこともあります、抱っこしてお母さんの肌を感じると落ち着くことも多く寝る前にベビーマッサージなどをしたりしてスキンシップをとるようにしたり、寝る前に子守唄を聞かせてあげるなど赤ちゃんをリラックスさせてあげる習慣をつけるのも効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *